マザーテレサの言葉と生涯について現代の若輩者が必死に考える

Pocket

はじめに

マザーテレサの言葉を、自分なりに考えてみたい。

2019年3月24日、私はそう思いました。

まず、白状します。

私の今のこの決意で、どんな影響がでるのか。

私はまったく分からない状態です。

おこがましいのかもしれません。

誰かに不快感を与えてしまうのかもしれません。

何もおこらないのかもしれません。

ですがそれでも、私は考えてみたいと思いました。

現代の若者、未熟者である私が、

マザーテレサの言葉について、必死で向き合ったら、どのような考えに至るのか。

それを知りたくなったのです。

同時に、この記事を読んでくださっている貴方にも、伝えられることが一つだけあると、私は考えています。

『現代の若者は、マザーテレサの言葉をどのようにとらえているのか』

その一例を伝えられる。そう私は考えます。

きっと大切なのは【マザーテレサの言葉】を読み取ること、だけではなく。

【マザーテレサの言葉】を知り、最後は自分なりに解釈して糧にすることです。

どう頑張っても、私は私でしかありません。

なので、これ以上の言葉は蛇足でしかないでしょう。

これから、マザーテレサの言葉について、一つ一つ、私なりの考えを述べさせていただきます。

リンク先に記事を用意させていただきました。

興味を持ってくださったのなら、クリックして、その言葉の考察に移動してください。

よろしくお願いいたします。

マザーテレサの生涯

マザーテレサの生涯について経歴から考える

マザーテレサのことを少しでも知るために本を読む | その1

マザーテレサにとって『愛』とは、『祈り』とは、『神』とは

祈り

マザーテレサの言葉

あなたが私にしてくれた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする